2017年5月9日星期二

Synk;yet Fatal lovers と...

Fatal lovers from THE REQUIEM OF HOLY GLOW -Coupling BEST-
don't have "word/music:..."

Other two found on rocklyrics

Then, it's complete

Fatal lovers

いつも僕が見てる繋いだ赤い糸
風に揺れる君の長い髪が綺麗だね

止めることなど出来ぬ気持ちはどうしようもないけど
ただ僕に笑顔をくれる君愛しくて

運命の人かなんて僕にはわからないけど
いつもいつでも君をhold you抱きしめたい

いつもの帰り道景色に溶け込んで
手を繋いで歩くこれからも一緒に「けど…」

不安な気持ちはいつも心で膨らんでいくだけ
もう君を信じてあげたいのに壊れそうで

運命の人かなんて僕にはわからないけど
いつもいつでも君をhold you抱きしめたい
この気持ちごまかすことで少しはまぎらわせるけど
君を君を想ってるtrust you信じている

この気持ちは嘘か真実かわからずただひたすらに愛だけを与えてきた
もう消えそうで確かなものだけど苦しくて切なくて君が愛しくて

運命の人かなんて僕にはわからないけど
いつもいつでも君をhold you抱きしめたい
この気持ちごまかすことで少しはまぎらわせるけど
君を君を想ってるtrust you信じている





硝子に映る夢見る少女、羽根を求めて…

lyrics: 莉希 music: 栞

煌めいた都会に迷い込んだまま
少女が一人羽根を求めて
透明なガラスに映る自分の瞳から涙こぼれて

誰もが無駄なことだとか決めつけカゴを飛び出した
わずかな希望と勇気と夢だけバッグにしまい込み

私はただただ馬鹿だった
裏切ってまでも夢を

追いかけたはずなの輝ける場所を
探して歩いてきたここまで
孤独感この地で誰かにすがりつくことも出来ないんだね

私という一人の存在なんて
誰も知るはずないわここで

追いかけたはずなの輝ける場所を
探して歩いてきたここまで
ひび割れた心の真ん中にある覚悟だけ携えてきた

煌めいた都会に迷い込んだまま
少女が一人羽根を広げて
透明なガラスに映る自分の瞳へと光がさして





Crimson Clover

lyrics: 莉希 music: 栞

明日を見たいのなら時を待ち
夢を見たいのなら命を賭けても後悔はない

目先のことさえもわからない
死に急ぐ者だけ欲望の狭間へ

永遠に続いてゆく手綱を掴んでチャンスを得ろ
次に訪れる情景は天国(生きる)か地獄(死ぬ)か

Psycho call is free
悪夢のような物語をほら
Psycho call is free
忘れぬように目に焼き付けるんだ

その場の答えなどいらないの
カードを引いたなら絶望の狭間へ

負けた時こそ胸を張ればいい迷いなどはいらない
迷うことでチャンスの神は逃げてくものさ

Psycho call is free
幻想じゃなく現実を見ろよ
Psycho call is free
諦めたなら道は見えないんだ

敗者は皆失う運命になっても
全てを受け入れてみせよう

Psycho call is free
為にならないものなど投げ捨て
Psycho call is free
自分の道を信じて進むんだ

Psycho call is free
幻想じゃなく現実を見ろよ
Psycho call is free
諦めたなら道は見えないんだ

Misaruka -L'oiseau blue- と -Kanon- 歌詞


アルバム:-Juliet-
これは最後だ


-L'oiseau blue-
Lyrics : rui
Music : vetchie
Arrangement : ミサルカ

月灯りの中僕の天使はいた
そよぐ風でほら髪をなびかせて

彼女は少しあどけない笑顔浮かべて
戸惑う僕に微笑んだ

L'oiseau blue
この僕に幸せ運ぶ鳥よ
教えてよここは夢かまことか
透き通る白い肌眩しくて
気が付けば彼女の肩抱き寄せてた

La Soir e charmante

もう少し夢のなかにいさせてよ
夜空に浮かべた月に祈った
この細い肩が僕の腕の中ある様に

L'oiseau blue
この僕に幸せ運ぶ鳥よ
夜のまま永遠に時を止めた
この胸に天使を閉じ込めていたい
このまませめてダンスフロアだけでは

囁いてみた「君は綺麗だね」と
雨上がりの夜星が降り注いだ

彼女は照れくさそうに 瞳を閉じた
僕は静かに口付けを

L'oiseau blue
この僕に幸せ運ぶ鳥よ
教えてよここは夢かまことか
透き通る白い肌眩しくて
気が付けば彼女の身体を
強く抱きしめていたんだ

La Soir e charmante






-Kanon-
Lyrics/Music : rui
Arrangement : ミサルカ

貴方に逢えたあの日から
私の全ては変わって
誓い合う愛を何よりも
大切に守りたいと想う

鳥籠に閉じ込められた私
恋や愛見ないフリしてた

貴方に出逢って貴方に包まれて
その温かい手握った時から変われたんだ

貴方に逢えたあの日から
私の全ては変わって
見慣れた街もこの空も
全てが輝いて見えた
貴方がいるならどんな旅路も
二人で歩いてゆけるよ

貴方を傍に感じるだけで
私幸せになれるから

貴方に逢えたあの日から
私の全ては変わって
誓い合う愛を何よりも
大切に守りたいと想う
いくつもの季節が巡っても
永遠を歩こうずっと二人で

2017年4月12日星期三

2 songs in All of Life (Misaruka)

other can be found in my earlier post



-Baiser-
Lyrics/Music: rui
Arrangement : Misaruka

忘却の彼方儚く虚ろ気な約束
微睡む世界へ今はただ融けてゆく
月だけが全て何も語らずに見ていた
美しい貴方のはしたないあの声も

館で踊る貴方の手を取って
扉の先に待つ悦楽の時へ今

ベーぜと共に月灯の静寂へと堕ちてゆく
闇に咲き誇る深紅の罪と祈り抱いて

何度も貴方を汚した咎を憂いて

重なる指先絡み合って今貴方へ堕ちてゆく
艶やかな身体は月の輝きに彩られ
ベーぜと共に貴方へ堕ちてゆく
色褪せない傷跡を遺して忘却の彼方へ





-Ariel-
Lyrics/Music: rui
Arrangement: Misaruka

そっとそっと風の精と共にアナタへ

暗い海の上で悲しみに昏れてる
独りぼっちの少女は泣きながら唄ってた

「大切なモノを失くしたの」と
声にならない声で唄ってた

誰も皆深い哀しみを抱いて
だからこそ誰かに優しくなれる
過ちを背負って哀しみ乗り越えて
少し泣いてもいいから

願い一つだけもう一度叶うなら
私の物語が誰かを救いますように

大切なモノを失くしてから
傷つく事を恐れてたけど

そっとそっと風の精と共に
私が誰かを癒せるのなら
この想いと共に私は空気になって
アナタへ

誰も皆深い哀しみを抱いて
だからこそ誰かに優しくなれる
過ちを背負って哀しみ乗り越えて
アナタへ
そっとそっと風の精と共に私が誰かを癒せるのなら
この想いと共に私は空気になって
アナタへ


2017年2月25日星期六

シュヴァルツカイン - Complex 歌詞




XXX
words: 歪美-Izumi-
music: 知哉-Tomoya-, 佳佑-Keisuke-


塗り替えて行く深い闇


悲しみさえ解けて


目を塞ぎ手を伸ばす


今新しいそこにある“真実”を問う




Moment glow
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


理想と現実の狭間で何を望む?
狡猾、躊躇いを棄てろ
awaking now
想い描いた夢は手の中にあるか?
限られた瞬間をその手で掴め
wake up now

From the beginning
俯いて泣いている暇なんて無いから
目の前にある〝一秒〟に全てを賭けて今 叫べ

過去に縛られた己の愚かな生き方を
恫喝、躊躇いを棄てて今すぐさあ足枷を撃ち抜け

From the beginning
立ち止まりもう俯かなくてもいいさ
形ある物全てを壊して前へ進め

失う事ばかり恐れて泣いている暇なんて無いから
形ある物全てが壊れてしまう前に
You don't cry any more
奪い去り、輝きを失っても
目の前にある〝一秒〟に賭けて未来へ進め





Limit
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


ねぇ、さっきから一体何の話をしてるの?
夕べのあの子の事まだ引きずっているの?

最初っから分かってた様なフリしないで
そんなんじゃない。曖昧な嘘
冗談で笑えない

ただ一つの綺麗事だってお決まりのその言葉も全部
realとfakeの裏表。
私だけを見ていて欲しいのに
あの子と私を比べてはまた一人寂しくなる
だから二人で歩く未来だけど『  』

いつもの様にお気に入りだって言ってた香水も
髪型も仕草も笑顔も全部頑張ったのに
その目に映る知らないあの子を見て
私ひとり、こんなにバカみたい

最初っからそのつもりで近付いて来たんでしょ
そんなんじゃない、曖昧だから
上手に笑えない

いつでもあなたの事を知ろうとすればする程
また別の顔をちらつかせて
つれない
その目に映る知らないあの子は誰?
私こんなに愛しているのに

お気に入りだって言ってた香水も
髪型も仕草も笑顔も全部頑張ったけど
その目にはもう私は映らないから
私ひとり、こんなにバカみたい

最後くらいは笑ってみせて





Envy
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


深く、墜ちて行く
偽装された海へ
赤く、染まって行く
愛情は殺意へと

日常に紛れた不条理な言葉が
見えざるモノの中で産声をあげ墜ちた

いつか尽きる愛情の形
それでも見えぬ明日の夢、
現実の相違から訪れる闇に
手を重ねた無欲で得た代償さえ隠した
笑顔の裏の狂気、朱く色付いていく程に
意味は持たない

雑音と無音の因果率
衝動の闇に手を伸ばす
排除された弱者の論理と
思考の外の残酷な記憶

手を重ねた無欲で得た代償さえ
隠した笑顔の裏の狂気、朱く色付いていく程に
いつか尽きる愛情の形
それでも見えぬ明日の夢、
現実の相違から訪れる闇に
意味は持たない





GrimReaper
words: 歪美-Izumi-
music: 知哉-Tomoya-


目の前に広がる嘘で塗りつぶされた真実に
俺はまだ惑わされているのか?
善と悪の狭間で揺れる抑止された偽善の眼
一体何を信じればいいのか

黒く塗り潰されていく支配された太陽

目の前に群がる感情貪る醜い奴等に
俺はまだ躊躇っているのか?
叩き付けた現実。
そして理解の末に辿り着く本能と俺の衝動を抉れ

行き交い蔑みながら俺の耳元で囁く

何もかもを塞ぎ込んだ
此処には何もない
流れ出した絶望という形を為さぬモノ
救いは無い。光は無い。
置き去りの未来に何を求め何を歌う
俺は彷徨い続けて

歪み、歪み、廻る
廻り、廻り、朽ちる
廻る。廻る。歪む
朽ちる、朽ちる。果てる

目の前に群がる感情貪る醜い奴等に
俺はまだ躊躇っているのか?
叩き付けた現実。
そして理解の末に辿り着く本能と俺の衝動を抉れ

行き交い蔑みながら俺の耳元で囁く

何もかもを曝け出した
この醜い世界
溢れ出した欲望という
形を為さぬモノ
救いは無い。光は無い。
置き去りの未来に何を求め何を歌う
俺は彷徨い続けて





Unconscious guilty
words: 歪美-Izumi-
music: 知哉-Tomoya-


塞ぎ込む現実の夢、
交差する悪夢の中で嗤う
この俺に存在する理由は無い

絶望と快楽の狭間で揺れる
隔離された痛みがこの俺を突き刺す
真実の在処を知りたくはないか?

行き交う顔の無い人々の偽善の眼が俺を刺す
孤独に惑い何処にも行き場は無い

蔑まれながら息を殺し心の何処かで叫ぶ
—もうここには絶望と言う名の無機質な声さえ届きはしない—

絶望。混沌をその手に
欲望。全て曝け出せ





In Myself
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


Realな夢に溺れそうさ
無垢な瞳 閉じたままの眼差し
一人きり時に傷付きながら
遠く深い空に孤独を歌え

偽善の言葉がその胸突き刺して

止まない雨も 明けない夜さえ
この手に溶けて 全てを飲み込む
孤独な空に まだ一人迷って
“夢”を描いた 貴女を包む光

全てを飲み込んでゆく
無垢な瞳 閉じたままで微睡む
人は迷い、人に傷付きながら
Realな夢に溺れそうさ
まだ覚めない閉じたままの眼差し
時に迷い、甘い言葉囁く

全てを飲み込む光
まだ覚めない閉じたままの眼差し
時に迷い、甘い言葉囁き
Realな夢に溺れていく
無垢な瞳、閉じたままの眼差し
人は迷い、人に傷付きながら
遠く深い空に奇跡を歌え





Distress
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


暗闇の海へと深く溶けてゆく様な
視界さえ奪われてゆく
信じるモノさえも

腐りきったこの世界で
僕らは何を信じ何を歌う?
手探り、手繰り寄せた夢
捨ててしまえれば

顔の無い匿名性が加速してゆく
突き刺さる刃の様な誰かのその声を

切り裂いてこの闇も全て
幾重に絡み付いた意図を
手探り、手繰り寄せたなら
解いてしまえばいい

腐りきったこの世界で
希望なんてある筈もないから
手探り、手繰り寄せながら
塞ぎ込めばいい
切り裂いてこの喉も嘘も
何を信じ何を歌えばいい?
孤独と悲しみの先に何処にも逃げ場所はない





At Infinity
words: 歪美-Izumi-
music: 渚-Nagisa-


切り裂く言葉で全てを絶ち切れ

人は同じ過ちを繰り返して時に迷い
それでもまた流れていく

消えぬ悲しみをその声と歌え

誰かの為に生きる事なんて簡単じゃない
死に行く明日を照らせ
生きて行く事の重さを背負ったまま
それでも迷い孤独に流れていく
あなたよ輝け

人は同じ過ちを繰り返して
生きていく事の重さを背負ったまま
誰かの為に生きる事なんて簡単じゃない
死に行く明日を照らせ

孤独と眠る様にこの場所で
この歌を君に歌うから





Hypnotic drug of sexuality
words: 歪美-Izumi-
music: 知哉-Tomoya-


もっとキメようか
次はとびきりなヤツ欲しがって
強欲に飲み干してまだまだ足りないって表情してんの?

それなら限界まで試してみんのも悪かないじゃない?
熱いアレを飲み干してそろそろ限界さ

くらくら痺れるような
甘い香りにブッ飛んで
だらしなく開けた口で淫らに今求めて

It's coming...Are you ready?
さあ始めようかLady
強引 Are you coming
もう遅いさ最高Crazy

お次は何を欲しがってまだまだ足りないって目をしてんの?
限界さえ超えちゃってイッてみんのも悪かないんじゃない?

ふらふら目が回るような
甘い香りにブッ飛んで
だらしなく晒け出した淫らなソレに酔っちゃって

It's coming...Are you ready?
さあ始めようかLady
Crazy Love me I am
もう遅いさ最高のOdalisque

It's coming...Are you ready??
ハマッちゃえば抜け出せないのさ
強引 Are you coming
もう遅いさ最高でCrazy
Coming...Are you ready??
さあ始めようかLady
Crazy Love me I am
もう終わりさ最高のOdalisque

もう止められない
くらくら痺れるような
甘い香りブッ飛んで
快楽へ溺れていく


2017年2月23日星期四

Misaruka - WHAT DO YOU WANT? 歌詞




-Partire dalla fine-
Music: vetchie





-What do you want?-
Lyrics: rui
Music: vetchie
Arrangement: Misaruka


むかしむかしあるところに
それはそれは悲しげな
独りぼっちの少女がいました
泣きながら

這い上がる為だけに
恋も愛も全てを投げ捨てて
彼女が夢見たのは
ただ栄光だけ

「この世に平等なんてものはない」
だからここで誓うわ
たとえどうな手を使ってでも王座を手に入れる

あぁ光よ 私を今導いて
闇に包まれたこの世界を照らして

—憎しみと悲しみの全てを苦しみと
孤独の全てを栄光の為に捧げよう
この暗闇の世界に光を
全てを屈服させる力を与えて下さい—

この苦しみと痛みの先で
本当の幸せを掴むわ

いつしか女は望んだ
地位も名誉も手に入れ
買えぬ物は無いと言える程に
なりました

だけど不思議な事に
彼女の心は空虚なままで
何を手に入れたのかさえわからず

「この世で一番大切なものは一体なんですか」
それは銀貨や金貨で 買えないのですか?教えてよ

あぁ本当に私が欲しかったものは
どうすれば手に入るのですか?
教えて

この苦しみと痛みの先に
本当の幸せはあるの?





-天涯孤独の少女-
Lyrics: rui
Music: vetchie
Arrangement: Misaruka


この吹き荒ぶ風は
あたしの追い風となって全てを薙ぎ払う
今全てを恨んでも 今全てを受け入れても
何も変わらないそれならいっそ

この世界の万物をあたしに従う
奴隷に変えてしまえばいいわね

跪いて平伏して誰もが崇める様な
存在になればいいだけの単純な事に
この命かけるなんて馬鹿げた事だと思う?
それくらいしか生きる意味を見出せないもの

今はこのあたしの事を
惨めだと笑うがいいさ

この世界の万物をあたしに従う
奴隷に変えてしまえばいいわね

今あたしに

そう跪いて平伏して誰もが崇める様な
存在になればいいだけの単純な事に
この命かけるなんて馬鹿げた事だと思う?
それくらいしか生きる意味を見出せないもの

今はこのあたしの事を
惨めだと笑うがいいさ
いつかあんたは言うだろう
あいつは特別だからと





-悲嘆のソリスト-
Lyrics: rui
Music: vetchie
Arrangement: Misaruka


痛みさえ忘れた感情の無い日々は
心置き忘れて虚しさが零れ落ちていた
眠る事知らない夜の中で独り
愛に飢えた獣に哀を売り続けるの

もう過ちを繰り返す私は這い上がれない
懺悔さえ今はもう届かない救いはない

あぁこの穢れた翅は
何を求め何を信じ続けて
羽ばたくのか
もう何もわからないわ
ただひたすらあのソラへ還る為
彷徨う
今宵も また堕ちてゆく

何が欲しいのかも
何が苦しいのかも
何が辛いのかも
何で生きてるのかも

今はもうわからない
なのに何故哀しみが頬をつたうの
懺悔さえ今はもう届かない救いはない

あぁこの穢れた翅は
何を求め何を信じ続けて
羽ばたくのか
もう何もわからないわ
ただひたすらあのソラへ還る為
彷徨う

天使の様な悪魔の微笑みを
あなたに捧げるわ背徳の夜に

今宵も また堕ちてゆく





-Maria-
Lyrics,Music: rui
Arrangement: Misaruka


物憂げに染まる傷跡を
何度も何度も助けてと切り裂いて
失意に溺れながら心は
生きたいと泣いてるの

そっと零れ落ちた心の痛みを
拾い集め祈りを捧げる

産まれ落ちたこの世界で
僕に詠う意味をくれるなら
あなたをその苦しみから
救う力を下さい

そっと零れ落ちた悲しみの跡
触れて癒してあげられたら

救いの無いこの世界で
闇にのみこまれてしまったなら
僕が光で照らすから
その手今差し伸べてもう一度

産まれ落ちたこの世界で
僕に詠う意味をくれるなら
あなたをその苦しみから
救う力を僕に与えて
救済の光を今あなたに





-Reunion-
Lyrics: rui
Music: vetchie
Arrangement: Misaruka


「また出逢う日まで」
そう言葉を告げ
世界は始まりの鐘を鳴らす
その先にどんな結末があるのか
今はまだ霞みがかって

探し続けて失くし続けて
幾つもの夜を乗り越えて
走り続けて歌い続けて
約束の地へと向かいながら

多くの戦友と出逢い
別れを繰り返して
それでも明日目指すのは
生きている事の証

Love the life you live.
Live the life you love.
Where there's a will,there's a way.

いつの日かお前が何かに挫けそうな時
思い出してくれないか
だから
Where there's a will,
共に追いかけたこの夢の舞台が
背中を押すから

もう何も恐れなくていい
悲しまなくていい
ただ立ち上がって
だから
Where there's a will,
前だけを向いてお前ならやれるさ
there's a way.

「また出逢う日まで」 そう言葉を告げ
玉座へと続く道を探す
その先にどんな許されぬ罪が
待ち受けていたとしても

見つけ出したくて護りたくて
何度涙を拭っても辿り着く為叫び続けた
再会の時に想い馳せて

消えてゆく星達を 胸に刻み続けて
未来を迎える為に ただ光の指す方へ

impossible until it's done.
Where there's a will,there's a way.

いつの日かお前の勇気が足りない時には
思い出してくれないか
Where there's a will,
共に追いかけたこの夢の舞台が
背中を押すから

もう何も恐れなくていい
悲しまなくていい
ただ立ち上がって
Where there's a will,
前だけを向いてお前ならやれるさ
there's a way.

いつの日かお前が何かに挫けそうな時
思い出してくれないか
Where there's a will,
共に追いかけたこの夢の舞台が
背中を押すから

もう何も恐れなくていい
悲しまなくていい
ただ立ち上がって
Where there's a will,
前だけを向いてお前ならやれるさ
there's a way.





-Misty-
Lyrics: rui
Music: vetchie
Arrangement: Misaruka


霞みがかった意識の中で
もう何も思い出せないんだ
何か大切なものを
忘れてしまっている様な気がするんだ

手を伸ばせばすぐそこに在った様な
あたたかい何かを忘れてる

消えてゆく記憶に中で 僕を呼ぶ誰かの声
「消えないで 消えないで」
悲しげに泣いてるのは誰?

見知らぬ誰かが僕の手を握り
潤んだ瞳で微笑みかけた
かすかに思い出せたのは懐かしい香り
頬を伝う涙はどうして?

消えてゆく記憶の中で 君を呼ぶ僕が哭いている
「消えないで 消えないで」
君想う記憶だけは





-Departure-
Lyrics:rui
Music:vetchie
Arrangement:Misaruka


全てを失って始まる私
何故だか心は晴れ渡る空の様

どうして私がここにいるのかさえも
わからないだけど涙溢れて

ねぇ何故か、ねぇ何故か大切な事を
忘れてしまっている気がしてならない
ねぇなんで?ねぇなんで?
この胸は疼き悲しくもないのにまた苦しいのか?
私の過去が哭いて

頭痛が酷くて眠れない夜は
過去の私から責められてるってこと?
思い出したくも無い辛い過去から
思い出させないで消えて欲しい

どうして私がここにいるのかさえも
わからないだけど涙溢れて

ねぇ何故か、ねぇ何故か大切な事を
忘れてしまっている気がしてならない
ねぇなんで?ねぇなんで?
この胸は疼き悲しくもないのに苦しいの?

何度も想い出せと
私の過去が哭いてる





-この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても-
Lyrics:rui
Music:vetchie
Arrangement:Misaruka


今想うのは愛し愛された日々
今想うのはこの身を捧げた日々のこと

そう伝えてきた言葉に誓う
何一つもあの共に歩んだ道に嘘は無いと綴るよ

この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても
覚えていて欲しい
この命を懸けて争い合う事の醜さを
伝えてきた事を どうか忘れないで

今想うのは君に伝えた言葉
今想うのはあの時誓った舞台の事

そう伝えてきた言葉に誓う
何一つもあの共に歩んだ道に嘘は無いと綴るよ

この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても
覚えていて欲しい
この命を懸けて争い合う事の醜さを
伝えてきた事を どうか忘れないで

そう今伝えてきた言葉に誓う
何一つもあの共に歩んだ道に嘘は無いと綴るよ

この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても
覚えていて欲しい
悲しみを分け合って互いを慈しむ事こそ
救いだという事を

この身が朽ち果てて、やがて灰になるとしても
覚えていて欲しい
この命を懸けて争い合う事の醜さを
伝えてきた事を どうか忘れないで





-情熱の紅い薔薇と共に散る-
Lyrics,Music: rui
Arrangement: Misaruka


むかしむかしあるところに1人の
それはそれは美しい女がいました
あぁAmore

その女はただ這い上がる為だけに
恋も愛も捨てて玉座を目指した

「この世に平等など無いのならば
いっそどんな手を使ってでも全て屈服させてみせる」
女はその悲しみもその苦しみも全てを捧げて
望んだ地位も名誉も全て手に入れました

だけど本当に大切なものというのは
お金では買えない事を知りました

愛こそ全てならばあたしは一体何のために
記憶まで失くして彷徨い続けてたの?
あの時愛した人を裏切ってしまった愚か者
せめて今もう一度逢いたい戻らぬ人

むかしむかしあるところに1人の
それはそれは愚かしい女がいました
あぁAmore

今叶うならば情熱に溢れ咲く
紅い薔薇の様に愛だけに散りたい

愛こそ全てならばあたしはもう何も迷わない
だから愛しい人にこの命を捧げるわ
愛こそ全てならばあたしはもう何も迷わない
やっとこの孤独から逃れる事が出来る
さよなら愛しい人あたしを忘れないで

むかしむかしあるところに1人の
それはそれは憐れな女がいました
あぁAmore





-この歌よソラへ届け…-
Lyrics,Music: rui
Arrangement: Misaruka


暁のソラを見上げて君想う
突然の報せを受け入れられずに
だってさっきまで
其処で笑っていたでしょう

この歌よソラへ届け…
あの日君に聴かせた歌を唄うから
でも君はもういない

別れさえも言えずに旅立つ悲しみを
気付いてあげる事さえも出来ずにいた僕は

雨が苦手だった君を護れずに

この歌よソラへ届け…
君が教えてくれた想いを
決して無駄にしないから

「君がもしもいなくなってしまったら
悲しむ僕がここにいるよ」と伝えたい

この歌よソラへ届け…
君がいた あの頃は戻らない
そんな事わかってるけど

この歌よソラへ届け…
いつか僕の歌が君に届くまで唄うから

この歌よソラへ届け…